浮気や不倫のメカニズムについて

浮気や、不倫という行為は倫理に反することであり背徳的な行為であるということなので刺激的な快感を得ることができるから、ある一定の趣向を持つ人には愛されているプレイだったり関係性だったりするんである。
しかし、こういう関係性は一体なぜ生まれるのか?どういう心理によって、欲求が生まれてくるのかということは何となくはわかっていてもしっかりと理解している人はそういないかと思う。
そこで、一体どう言った精神的、心理学的なメカニズムによって浮気や不倫というような関係を求めるのかということを紐解いて行くといいだろう。

なぜ人は別の異性に興味がわくのか

どうして、恋人や結婚している相手がいるのにも関わらず別の異性に対して性的な関心を持ってしまうのかということなのだが、これに関しては本能的な物だと思っていいかもしれない。

男女問わず、性欲という物は理性である程度は抑えることができる物であったとしても常に抑え続けることができるわけではないのである。
特に、恋人や結婚相手というようなセックスを頻繁に行うことができる関係性を持っていた、ということが一つの味になっているのだ。
そして、その味を忘れられないからこそ恋人や結婚相手がセックスをしてくれなくなってしまうと、別の異性と関係を持ってでも性欲を満たしたいと思うようになるわけである。
つまりは、一番の原因になりやすいのがセックスレスやセックスのマンネリ化という物だと言ってもいいのだ。
こう言ったものは、結局のところ恋人同士がお互いを尊重しあわずいることを当たり前にして恋人に甘えきっているからこそ怒ることなのである。
当然、不貞行為ということ自体は許されることではないのだし何を持ってしても悪いことにきまってはいるのだが、その原因を辿れば決してする側の人間だけの過失とも言い切れないというわけである。
しかし、それでも常識ある人であれば恋人や結婚相手にきちんと別れを告げたり、あるいは関係をきっちりと修復するなりする物なのである。
しかし、基本的にこういうことが原因で浮気関係や不倫関係に手を出す人というのは言ってみれば恋人や結婚相手自体に嫌気がさしているわけではないんである。
寧ろ、愛情が残っているからこそセックスをしたいのにさせてくれない、相手をしてくれないというような事に対して不満が出てきて、その不満を相手が解消させてくれないから欲求だけはよそで解消しよう、というような考えに行きつくわけなのである。
こういったケースの場合は、とにかく当人同士の努力によっていくらでも解消をすることができる物なのだ。
しかし、それをしないからこそ結局のところ関係性が破綻するような事に手を出させてしまうという物なのである。
だから、恋人や結婚している相手に裏切られたくないのであればしっかりと性生活を満足させるように努力をすることだ。
仕事で疲れているだとか、気分じゃないとか、マンネリ化しているだとかそんなことで相手に我慢を当たり前のように強要していながら、相手が満たされない欲求を余所で解消しようとしているのを責め立てるのはあまりにも一方的だと言う物である。
夫婦や恋人はなった時点で、永遠かつ無条件で自分につなぎとめておく事が出来る物なのだ。
自分とつながりを持ったから、後は放置なんていうような無責任なやり方をしていれば裏切りを受けても文句を言える物ではないということなのである。
釣った魚にえさを与えないというと言い方は悪いですが、関係性をより良好な物として継続していきたいのであれば、自分のことだけを見ていてもらう、という努力をしてしっかりと相手を満たし続けるということが必要になって来るというわけなのである。


新着情報

◆2015/02/18
浮気や不倫のメカニズムについての情報を更新しました。
◆2015/02/03
不倫の原因である不満足についての情報を更新しました。
◆2015/02/03
最大の原因はする側の甘えの情報を更新しました。
◆2015/02/03
日ごろの小さな不満が浮気の原因の情報を更新しました。
◆2015/02/03
セックスレスや欲求不満が原因の場合の情報を更新しました。